MIXUPブログ

2020.04.07更新

こんにちは。

いつも大変お世話になっております。

この場をお借りして、平素のご愛顧を心より感謝申し上げます。

 

 

パーソナルトレーニングジムMIXUPは、

政府の緊急事態宣言発令に伴い、

約1ヶ月間臨時休業させていただくことに致しました。

 

 

営業再開時期は、現時点で

5月7木曜を予定しております。

ただし、情勢の変化等により時期が変更となる可能性がございます事を

ご理解賜りたく、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

再開予定日後のセッション予約をお済ませの方につきましては、

再会日の変更の際にはご連絡させていただきます。

 

 

皆さまとお会いしてセッション実施できなくなることは大変

心苦しいですが、会員様皆さまとそのご家族の安全を第一とした

決断である事をご理解賜りたく、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

 

私たちトレーナー一同も、

営業再開後に一段と向上したサービス内容にて

ご対面できるよう、休業中も準備を進めて参ります。

 

皆さまのご安全を心よりお祈りしております。

 

以上、宜しくお願い申し上げます。

 

2020年4月7日

MIXUPトレーナー一同

投稿者: MIXUP

2020.04.05更新

こんにちは。

トレーナーの長尾です。週末は穏やかな天候が続いて、いよいよ春本番という空気になりましたね。

皆さまはいかがお過ごしでしょうか?ご自宅で読書や動画観賞をされている方が多いのではないでしょうか。

 

 

さて、本日は「免疫力を高める食事、免疫力を下げる食事」について書いてみようと思います。

 

 

食事が大切!!ということは誰でも認識していると思いますが、

つい忙しい日常の生活に埋もれがちになってしまいますよね。

こんな時世だからこそ、この機会に食事について一緒に振り返ってみましょう。

 

 

まず、当たり前のことかもしれませんが、

人は食事でエネルギーを摂取し、摂った食材が体を形成していきます。

車で言えば、ガソリンに当たるのが食事、車体に当たるのが体です。

 

 

なので、ガソリンの質が低ければ当然、車体のパフォーマンスも下がってしまいます。

もちろん、洗車や車検などのように、エステやマッサージでコンディションを整えることもできますが、

その効果は一時的・一過性になってしまいがちです。

なぜなら、どんなに良いコンディショニングをしても、日常のガソリンの質が低ければ

車体のパフォーマンスもその影響を受けてしまうからです。

 

 

つまり、長期的・恒常的にコンディションやパフォーマンスを高めたければ、

食事が重要ということです。

 

 

食事が重要なのはわかったけど、何を食べれば良くて、何はダメなの?

 

と思われた方。

 

毎日の食事が、以下のような食事中心の方は注意が必要です。

 

 

食べたり食べなかったり、食べても一度に大量に食べたりと、不規則な食事になりがち

(例:ダイエットとして夜だけ抜いたかと思えば、次の日の夜にピザをドカ食いなど)

 

好みのものを多く食べるなど、偏った食事になりがち

(例:外食中心で、野菜嫌いのため野菜を食べないなど)

 

 

※もちろん、習慣ではなく、時々であればOKです

 

 

例えば、仕事で忙しいからと言って三食外食の牛丼のみ、の食生活をしたり、

毎日ポテトチップスばかり食べていたりしたら…

明らかに良くないですよね。

 

 

 

では、どのような食事を摂れば良いのでしょうか

上記の逆を行けば良いのです。つまり、

 

 

規則的に食事をする(タイミング、量)

2食以上、できれば3食を、それぞれバランス良い量で食べる

 

栄養バランスの良い食事をする

三大栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物)やその他栄養素のバランスをとる

 

 

 

この2つが基本となります。これに加えて、

 

 

免疫力を高める栄養素を含んだ食事を心がける

 

ことも重要です。

 

 

栄養バランスについては過去のブログでまとめてありますので、

本ブログの末尾にリンクを貼っておきます。

ご興味あれば後ほどご覧ください。

 

 

 

さて、では実践編に参りましょう。

最初の2つの内容はどこかで耳にしたことがあると思うので、今回は

 

免疫力を高める栄養素を含んだ食事

 

を書いていきます。

 

 

免疫力を高めるには、以下の栄養素が大事です。

 

 

タンパク質

筋肉や臓器を作り、ホルモンや酵素の原材料となります

例:肉類・魚介類・卵・大豆製品

 

脂質(n-3系脂肪酸)

炎症やアレルギーを抑える働きを抑える作用があります

例:青背魚(さばなどの青魚)に含まれるDHA・EPA、しそ油やえごま油

 

ビタミンA

粘膜の状態を良好に保ち、細菌感染の予防になります

例:レバー・うなぎ・緑黄色野菜

 

ビタミンC

免疫細胞の働きを活性化させる

例:緑黄色野菜・果物類・芋類

 

ビタミンE

免疫細胞の活性化と共に活性酸素を中和する作用を持つ。アンチエイジングにも

例:アーモンド等の種実類・かぼちゃ・ひまわり油等の植物油

 

 

 

数が多く覚え切れないかもしれませんが、

このような栄養素を意識的に摂っていくことで、

必ず体の免疫力は上がっていくはずです。

 

 

私個人としては、特に④のビタミンC

が大切だと思っています。

ピーマンやカボチャなどは特にビタミンCを多く含んでいるので、

なるべく1日に一回は摂るようにしています。

 

 

上記のリスト、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

 

皆さまの中にはきっと、

「そうは言っても。良い食事が分かっても、ずっとヘルシーなものばかり食べるのはイヤかも」

 

とお思いの方もいると思います。

 

 

大丈夫です。

食事は習慣です。低頻度である程度制限があれば、たまに好きなものを思いっきり食べるのは、

もちろんOKですよ!

ヘルシーばかりに気を取られて、食事がストレスになってしまっては、

毎日3回の時間が苦痛になって逆効果ですからね。

 

 

今日から少しづつ、食事を変えていき、

習慣を変えて免疫力を高めていきましょう!!

 

 

 

 

さて。

実はもう一つ、免疫力を高める大事な要素があります。

 

運動

です。

 

1週間に1回は運動を入れることで、

体力を高め、免疫力を高めることができます!

 

 

 

「食事も運動も、一気に変えるのはきついなあ…」

そんな方に。

 

 

私たちMIXUPのトレーナーが、皆さまの挑戦を後押しいたします。

 

現在、MIXUPでは無料カウンセリング無料体験トレーニングを実施しております!

皆さまのお問合せをお待ちしております!

(体験トレーニング無料は次回お申込みの方に限らせていただきます)

 

 

 参考:カロリーと栄養バランス ブログ

http://www.mixup-wakamatsu.com/blog/2020/03/post-140-725290.html

 


 

 

こちらもよろしくお願いします!

●スタジオMIXUPのInstagramアカウントも絶賛更新中です!

YouTubeチャンネルも開設しております!

 

 

→自宅でできる引き締めトレーニング動画を公開しております。

今のご時世でもできることを、一人ひとり行っていきましょう!

よろしくお願いします。

 

 

 

投稿者: MIXUP

2020.04.04更新

こんにちは。

トレーナーの長尾です。

本日は雲のない快晴で、気温もかなり高くなるようです。考え事をしながら散歩するには絶好のお天気になりますね。

皆さまは今週末何をされる予定でしょうか?楽しくお過ごしであれば幸いです。

 

 

さて、本日はある名言に基づいて、筋トレの精神的利点について書いていこうと思います。

 

 

 

タイトルのフレーズ、どこかで見たことがあるのではないでしょうか。

 

 

「楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しいのだ」

("We don't laugh because we're happy -we're happy because we laugh")

 

 

このフレーズは、米国の心理学者・哲学者のウィリアム・ジェームズ(William James)の残したものです。

ジェームズは19世紀〜20初頭に活躍した心理学者で、米国で初めて心理学の講義を行った人物としても著名です。

 

 

そんな彼が残した名言ですから、なんとなくの感覚ではなく科学的エビデンスがあることは言うまでもありません。

 

 

脳科学的エビデンスに基づくと、人間の行動と脳の働きは連動しているため、

 

 

通常の「楽しい(感情) → 笑う(表情) … (→感情が強化される)」の流れとは逆に、

 

「笑顔をつくる → 信号が脳にフィードバックされる → 楽しいと感じる(感情)」

 

 

感情の逆輸入をすることもできるのです!

 

つまり、感情は意識的・能動的にコントロールできるのです。

 

 

 

また、どれだけ気が進まないことでも、まず着手してみることで、脳をやる気モードにでき

結果的に「やる気」モードに入れると言うことも実証されています。

 

 

 

そう考えると、いまいち気の乗らなかったダイエットや筋トレも、

体でまず形を作ってみる・着手してみる(服をトレーニングウェアに着替えてみる、外に出てみる、など)

 

ように行動してみると、脳がやる気を作り出してくれます。

 

 

そして、実際にトレーニングしてみると、ドーパミンが分泌されて

 

達成感、やる気、多幸感がUPしていきます。

 

 

結果的に、ドーパミンの効果で

「トレーニングをすると何か気分が良い」と明確に意識できるようになり、

習慣化につながっていくのです。

 

 

 

なので、

どれだけ気が進まないことでも、心の底ではやりたいな、と思っていることは

「どれだけ小さなレベルでも良いから、まずやってみる」

 

ことが大切です。

 

そこから、新たなものにつながっていくはずです!

 

 

 

皆さまの「心の底ではやりたいな」と思っていたことが運動、ダイエット、筋トレだった場合

 

私たちMIXUPのトレーナーが、皆さまの挑戦を後押しいたします。

 

始めるなら今。今後の人生で一番若いのは今日なのです。

遅いということはありません。挑戦してみましょう。

 

 

現在、MIXUPでは無料カウンセリング無料体験トレーニングを実施しております!

皆さまのお問合せをお待ちしております!

(体験トレーニング無料は次回お申込みの方に限らせていただきます)

 

 

 


 

 

こちらもよろしくお願いします!

●スタジオMIXUPのInstagramアカウントも絶賛更新中です!

YouTubeチャンネルも開設しております!

 

 

→自宅でできる引き締めトレーニング動画を公開しております。

今のご時世でもできることを、一人ひとり行っていきましょう!

よろしくお願いします。

 

 

 

投稿者: MIXUP

2020.04.03更新

こんにちは。

トレーナーの長尾です!今週末は晴れ模様が続き、朗らかな天気に気持ちが少し軽くなるような気がしますね。

皆さまはお元気でお過ごしでしょうか?

在宅勤務などで室内にいる時間が長くなっている方も、時折散歩を挟むなどして気分転換・全身の血行促進をしてみると

体も心もスッキリするので、オススメです。

 

 

さて、本日は筋トレとマインドフルネスの類似点について書いてみようと思います。

 

 

 

筋トレは皆さまもちろんご存知だと思いますが、マインドフルネスについてはいかがでしょうか?

 

近年にわかにブームとなったマインドフルネス。

 

"mindfulness"と言う字面から、「なんか心に良いものなんだろう」と言う認識はお持ちだと思います。

 

画一的な定義はないのですが、ざっくり言うと

 

今現在において起こっている経験に注意を向ける心理的な過程であり、

瞑想およびその他の訓練を通じて発達させることができる」

 

であったり、「今、この瞬間を大事にする生き方

 

と言うように定義されています。

 

 

企業研修などで「椅子に座り背筋を伸ばし、鼻から吸った息を口からゆっくり吐き、呼吸に意識を向けて…」

と経験したことのある方も多いと思います。

 

 

多くの方法では呼吸を通して「今、ここ」に意識を集中していきます。

諸説あれで、手段はともかく「今、ここ」に意識を集中させる時間を作れればなんでも良い、とも言えるかもしれません。

 

 

 

と、ここで。

「あれ、それって筋トレも同じじゃないの?」

 

と思われた方。

 

あなたはかなり熟練の、それも気合の入ったトレーニーです。笑

 

 

 

私も同じことを考えております。

 

中学生頃から、こころについて興味が深かった私は、学生時代に筋トレと出会った時から、

筋トレのマインドフルネス的効果に気づいていました。

 

 

筋トレは、仕事やプライペート、悩みも他の感情も全て脇に置いて、

ただひたすら、自分の体と、重りと向き合う時間なのです。

 

 

「き、きつい、10回挙げるつもりだったけど8回でやめとこうか…」

「いや、待てよ。あと2回挙げきるんだ!」

 

 

「今日はなんだか、いつもより体が重いな…昨日の食事が原因?睡眠時間が短かった?それとも…」

 

 

など、筋トレとは、普段は頭に集中しがちな意識を、心と体に向けることができる最上の時間、とも言えるのです。

 

 

そのように考えると、筋トレに関わらず、普段から運動習慣のある方は「マインドフル」であると言えると思います。

実際、私の周りを見てもその傾向があり、筋トレなどの運動習慣のある方ほど「マインドフル」、

心と体と頭のバランスが取れているように感じます。

 

 

ここまで読んでみて、ふつふつと筋トレ的マインドフルネスに興味が湧いてきた方もいるかもしれません。

 

「でも、重りを持つ運動なんでしたことないし、始めづらいな…」

 

とお悩みになられると思います。

 

 

 

大丈夫です。

私たちパーソナルトレーニングジムMIXUPでは、初めての方でも安心の、

1対1のマンツーマントレーニングを提供しております。

 

 

皆さまの状態やご希望に沿った運動メニューを作成し、一緒に行っていきますので

簡単に始めることができます。

 

 

また、現在は春のキャンペーンとして

 

無料カウンセリング初回無料体験トレーニング

実施しております。

(無料体験トレーニングは次回お申込みの方に限ります)

 

この機会にぜひ、運動習慣をつけて、マインドフルな自分になっていきましょう!

 

 

皆さまのお問合せを、スタッフ一同お待ちしております。

 

 

 


 

 

 

 

こちらもよろしくお願いします!

●スタジオMIXUPのInstagramアカウントも絶賛更新中です!

YouTubeチャンネルも開設しております!

 

 

→自宅でできる引き締めトレーニング動画を公開しております。

今のご時世でもできることを、一人ひとり行っていきましょう!

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

投稿者: MIXUP

2020.04.01更新

こんにちは。

トレーナーの長尾です!

今日は1日雨模様での1週間折り返しとなりましたね。気づけば4月、様々なことが始まる季節となりましたが、

皆さまの周りでは何かうれしい変化はありましたでしょうか。

 

(私は月並みに桜が綺麗に咲いているのを見てうれしかったです笑)

 

 

さて、本日は不動産業界に新風を巻き起こす?

「引っ越すなら若松河田が最強」をテーマに書いていきます。

 

 

皆さまは、住む場所を選ぶ際に何を基準に選ばれているでしょうか

 

 

 

メジャーな基準で考えていくと、

 

駅が近い(歩いて10分前後?)

 

コンビニが近い

 

スーパーマーケットが近い

 

病院などのライフライン施設が近い

 

薬局や美容院、雑貨店など身の回り品が揃っている

 

ジムやエステが近い

 

などが挙がるのではないでしょうか。

 

 

 

なおかつ家賃もリーズナブルな場所があれば最高ですよね。

 

 

今皆さまは、

「そんな場所あるの?」

とお思いかもしれません。

 

 

 

あるんです。東京都内、新宿区に。

 

そう、若松河田です。

 

 

若松河田は、若松河田駅を中心に上記のリストが全て揃っている

コンパクトなエリアで、

 

かつ家賃もリーズナブルと言う

とても住みやすいエリアなのです!!!

 

 

病院は国立国際医療研究センター病院と、

東京女子医科大学の巨頭を揃えており、

 

スーパーもライフ若松河田駅前店があります。

 

コンビニもメジャーなコンビニは全て出店。

 

 

さらに、なんと言っても

 

パーソナルトレーニングジムMIXUPがある!!!

 

 

衣食住が揃いつつ、理想の自分に近づける場所があれば

もう他には何もいらないのでは?と言う気さえしてしまいますね。笑

 

 

 

快適な生活に加えて、快適で最高な人生を作るための体・健康づくり

もできれば最高ですよね。

 

MIXUPでは、そんな皆さまの願いをかなえるお手伝いをしております。

 

 

 

春の新生活、ジムを初めてみようかな、と言う方はぜひ一度

MIXUPのパーソナルトレーニングをお試しください。

効率的かつ楽しく、皆さまのお気持ちに寄り添ったトレーニングをお届けします。

 

 

 

現在、MIXUPでは無料体験キャンペーンも実施しております。

ぜひ、お問い合わせください!お待ちしております。

 

 


 

 

 

こちらもよろしくお願いします!

●スタジオMIXUPのInstagramアカウントも絶賛更新中です!

YouTubeチャンネルも開設しております!

 

 

→自宅でできる引き締めトレーニング動画を公開しております。

今のご時世でもできることを、一人ひとり行っていきましょう!

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

投稿者: MIXUP

ご予約・ご相談はお気軽に

体のことでお悩みでしたら、新宿区にあるMIXUPまで、
まずはお気軽にお問い合わせください。

営業時間  10:00~22:00(最終受付21:30)  TEL:03-5285-0676

メールでのお問い合わせは こちらから

contact_sp01.png
メールでのお問い合わせは こちらから